頼りにしています超音波美顔器様

超音波美顔器を買ったのは30代後半でした。ネットワークビジネスの訪問販売のようなところで買ったので、何人か家に集まって超音波美顔器を試すと周りのみんなが声を揃えて「顔が上がった!上がった!美顔器当てたほうの右だけ上がってる?!」と大袈裟に騒ぐので、友達も私も大金を出して買ってしまいました。しかし、顔にジェルを塗って超音波を10分くらい当てるスペシャルケアは、まだそこまで肌の弛みが深刻でない30代には少々億劫なものでした。だんだん使わなくなり、押入れの奥に追いやられ、忘れられた存在になっておりました。

ところが私も50代になり、鏡を見るたび顔が弛んできていることを実感しブルーになっていました。そうだ!美顔器しよう!と超音波美顔器を持っていたことを思い出してからは週に2回使うようになりました。元々週2回までしか使ってはいけないので、最大限使っているということです。昔は鏡を見ながら当てたりしませんでした。テレビを見ながら適当に当てていましたが、今は鏡を見て顔の弛みが気になる箇所、切に上がってほしい箇所は願いを込めて念入りに当てています。本当に上がります。

顔が一回り小さくなります。写真写りにも差が出るので、写真撮るであろう女子会の前はこっそりしていきますが、これは内緒です。写真見た友達に「顔、ちいさーい。」と言われました。超音波美顔器を使えばこの先10年くらいは弛みを誤魔化せるかなと思っている今日この頃です。
http://sweetbasilfoster.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)