引っ越しによるマンションの売却手続き及び査定について

最終的に売却金額を決めるのは売り主

不動産情報データベースに売却希望物件が掲載され、公開されることになります。
インターネットから情報検索する購入希望者の目にもつきやすくなります。
また、不動産業者は定期的にオープンハウスなどの活動を行ない、積極的に買い手を見つける行動を起こしていきます。
その中で購入希望者が現れ、こちらが提示している金額に合意してくれるとなったら、売買契約に移ることになります。
最後に、契約・決済です。
購入希望者との間で売買契約を取り交わす手続きが必要になります。
その際に、重要事項説明書も必要になりますがこれは基本的には不動産仲介業者が代理作成してくれるケースが大半です。
また、契約の後不動産所有権移転の登記手続きが必要になりますがこれも不動産仲介業者を通して司法書士の方が届け出をしてくれます。
売り主が準備するものとしては、物件の権利書やマンションの管理組合の過去数年間の理事会総会議事録などになります。
あらかじめ準備しておくことをおすすめします。
契約及び他の諸手続きの準備が終わりましたら、売り主・買主・仲介不動産業者などが一堂に会して決済手続きを行なうことになります。
買主が振込を実施する金融機関で行なわれるケースが多くなっています。
決済完了後、物件の部屋の鍵を受け渡して、売却手続きは完了します。
不動産売却手続きを行なう際の注意点としては、まず第一に売却金額の決定があります。
査定結果はもちろん不動産会社から提示されますが、必ずその金額内で売却を勧めなければいけないということはありません。
最終的に売却金額を決めるのは売り主になります。
購入希望者が現れれば、相場より高い金額でも買い取ってもらえる可能性はあります。

一般的な売却完了までの流れ最終的に売却金額を決めるのは売り主不動産業者との仲介契約の形式の選択が必要